ボトックス注射がおすすめのクリニックランキング 東京版

ボトックス注射がおすすめのクリニックランキング 東京版

ボトックス注射が評判の東京の美容クリニックを徹底調査

HOME » ボトックス注射の基礎知識 » 施術の流れ

施術の流れ

ボトックス治療の流れは、クリニックによって多少異なる部分があると思いますが、大きな流れは大体同じだと思います。
ここでは簡単なボトックス治療の流れと術後の注意点などをまとめてみました。

診察や治療の時に確認しておくと良いポイントも一緒に紹介していますので、参考にしてみてください。

ボトックス治療の流れ

  • STEP1. カウンセリング

診察やカウセリングを行う事によって、患者さんのボトックス治療についての希望を取り入れながら、ボトックスの治療法が決められます。

ここでは、自分の希望する治療や肌の状態などを詳しく説明しておくと、後のトラブル防止にもつながりますので、念入りに相談しておくと良いと思います。

  • STEP2. 麻酔

治療する部位やクリニックの方針によって様々ですが、非常に細い針を使用しているので、注射による痛みもほとんどなく、麻酔を行わない場合もあります。

もし行う場合はどんな麻酔を使用するのか、アレルギーなどがある方は、肌に負担がかからないかなど確認しておくと良いかもしれません。

  • STEP3. 治療

ボトックス注射では、皮膚の表層部分にボトックスを注入し、治療する部位によっては、数回の注入が必要となる場合があります。

治療時間は治療する部位によって異なりますが、部分的なしわ治療であれば10分程度、顔全体など部位が大きい場合は1時間程度かかるようです。

  • STEP4. 施術後

皮膚のごく浅い部分への注射ということもあり、ダウンタイム(治療後の回復期間)がほとんどないプチ整形なので、治療後すぐに日常生活を行うことができます。

術後の注意点

  • 幹部を刺激しないためにも、アルコールの摂取や激しい運動は避けること
  • 顔周りの施術をした場合、刺激するとボトックスが拡散してしまい効果が薄れてしまうので、お化粧する際には気をつけること
  • 血行が良くなるとボトックス効果が抑制されてしまう恐れがあるので、刺激を伴うマッサージや長時間の入浴等は行わないこと

ボトックス治療に向かない人とは

  • 妊婦や授乳中の人

妊娠を希望している女性の場合は、ボトックス注射を行ってから半年は妊娠を避けるようにした方がいいとされています。

  • アレルギーを持っている人

筋弛緩剤や筋弛緩作用といった薬を服用中の場合は、ボトックス注射が筋肉に働きかけるものなので、施術を行う事はできません。

  • 18歳未満や65歳以上の人

ボトックス治療の対象者は、18歳以上65歳未満となっていて、それ以外の人は医師に許可を貰わなければ治療はできません。